2022年03月19日

旅立ちの朝A

(続き)さて、式は後半に入りました。

32.jpg

こちらはAKK残留組。あと1年、AKKに残って日本語を勉強する在校生です。このあと卒業生に向けた送辞を贈らないといけません。代表のフィさん、緊張で顔面蒼白!だいじょうぶか? かたやアインさんはこの余裕!?

33.JPG

送辞。在校生代表・グエンランアインさん。ベトナム出身のアインさんはおっとりした性格&度胸がある?ということで抜擢。「マイルストーン」という流行りの言葉を取り入れた送辞、うまく言えました。来年に向け、まずはN2に取組中です。がんばれ。

34.JPG

在校生代表・ダンカイフィさん。照れ屋のフィさんはクラスで愛される人気者です。普段は気のいいフィさん、でも大役をまかされて、真剣に毎日練習しました。大きい声、聴き取りやすい彼の発音は、もっと練習すればAKKナンバーワンスピーカーになるでしょう。ガンバレ!

35.JPG

そして、卒業生の答辞。中国の卒業生を代表して、畢宏全さん。自分で考えた美しい文章でした。実は彼は入学当時はレベル的にDクラスの学生でした、しかしそれが卒業時にはAクラス。それもそのはず。彼の授業での集中力は素晴らしく、教師の意図をくみ取る洞察力にたけています。大学では国際コミュニケーションを学びます。将来は飲食店を経営してみたいという夢を語ってくれたこともあります。いつも自分から挨拶してくれる彼、その夢はきっと叶うでしょう。

36.JPG

ベトナムの卒業生代表・ファンティゴックイエンさん。いつも笑顔を絶やさないイエンさん、今日はベトナムの民族衣装・アオザイで参加してくれました。成績優秀、授業でも常にクラスをひっぱり、文句なしで文部省から奨学金を頂きました。驚くほど丁寧なノートテーキングは、これからの大学生活でもきっと役に立つでしょう。卒業する彼女と入れ替わりに、春からは妹のサオさんがAKKに入学。ふたりで暮らすそうです。おめでとう!

37.JPG

最後に先生方からひとことずつ。清水教務主任。みんなが日本に来てからの学習計画を全て立てた方です。先生の先生である清水先生。これからもみんなは日本語のことでお世話になるでしょう。よろしくお願いします。

38.JPG

大出先生。最も厳しく、最もやさしい先生です。たくさんの学生の進学指導を担当され、おかげでみんな大学へ入学できました。ご恩を忘れないようにしましょう。

39.JPG

最後にみんなで記念撮影。

40.JPG

これからは、めいめい別れを惜しんで写真を撮りました。

41.JPG

42.JPG

43.JPG

44.JPG

45.JPG

1年半、いっしょに勉強した友達とも、今日でお別れです。

46 (2).jpg

46.JPG

47.JPG

左から、石川先生、中島先生、田中先生。みんなもさみしいが、先生もさみしい。また話しましょうね!

48.JPG

49.JPG

王先生、シュレスタ先生。お疲れ様でした。

50.jpg

52.JPG

さらばウルトラメイクン。君のおかげでAKKの平和は守られた。ウルトラの星へ帰っても元気で!

53.jpg

54.jpg

55.jpg

57.jpg

DSCN3133.JPG

数カ月前から準備したのに、あっけなく終わった今年の卒業式。どうも私(とフィさん)だけが緊張していたようで、会場はときに笑いが起こるようななごやかな雰囲気でした。こんな卒業式もAKKらしくてよかったかも? それはひとえに、若者の持つパワーのなせるわざだったのです。私達教職員もしんみりすることなく、明日からは次の新入生を迎えるため走り回らなければなりません。卒業生のみんな元気で頑張れ! そして、来たれ若者世界から、AKKが待ってるゼ!
posted by AKK文化学院 at 11:47| Comment(0) | 日記