2017年11月24日

【教師ブログ】 2017.11.24 「巻き寿司の話」

 秋のある日、学校に行くと事務室に美味しそうな「巻き寿司」
が届けられていました。私は、誰がそれを作ったか名前を
聞かなくてもすぐに分かったので、3階にかけ上がり、
巻き寿司を作った男子学生に「ありがとう」とお礼を言いました。
彼は、「いえ」と小さな声で返事をすると同時に、
美味しそうな「巻き寿司」がギッシリ詰まったもう一つの
タッパー容器を遠慮する私に「どうぞ、どうぞ」と差し出すのです。
本当に美味しい「巻き寿司」でした。


この中国人男子学生は、10月入学当初、ほとんど日本語が話せず、
語彙コントロールを充分にきかせた教師の質問の意味も理解出来ず
にいました。明るく答えるクラスメートに、少し気遅れしていたに違いありません。
私は、ときおり一番前に座っていたその学生に、
休憩時間ゆっくりした語彙で話しかけていました。


そんなある日の休憩時間、その学生が私に携帯の中の一枚の写真を見せるのです。
そこには、美味しそうなお刺身を盛りつけた大きなお皿が写っていました。
「これ、誰が作ったの?」「私です」
私は、みんなにその写真を見せました。
「ワ〜上手!上手!」みんな絶賛しました。
それからは、毎日嬉しそうに前日の晩ごはんの写真を見せてくれました。
どれも、上手に作られた美味しそうな料理の写真です。
そして、私がそれをみんなに見せ、またみんな絶賛する・・・
そんな楽しい休憩時間が続きました。


第13課の授業〜「〜を〜たいです」の文作で、
みんな、「洋服を買いたいです・パソコンを買いたいです・・・」など
の文を発表する中、彼は「私は刺身庖丁を買いたいです」と
サッと質問に答えられたのです。彼の日本語の上達に驚く日々でした。


彼が巻いた「巻き寿司」は、仲間であるクラスメートの
あたたかい心と、日本語の学習に対する前向きな心が
一杯詰まっていたから、本当に美味しかったんですね。


もし、彼に一緒に日本語を勉強する仲間が居なかったら、
そして、日本語が上達したいという前向きな心が
なかったなら、きっと「巻き寿司」は、巻けなかったと
思います。
私は、AKK文化学院の学生たちに出会ったことをとても
嬉しく思っています。みんな、夢に向かって頑張ってね〜☆

                     栗原啓子
posted by AKK文化学院 at 09:04| Comment(0) | 日本語教師

2017年11月21日

【日本語学習】2017.11.21 オンライン学習

最近はオンライン学習が流行していますね〜。
日本語学習の無料オンライン学習サイトといえば、これですね。
「エリンが挑戦!にほんごできます。」
https://www.erin.ne.jp/


キャプチャ.PNG

生活シーンでの簡単な会話がメインですが、
僕が良いと思ったのは、日本語でのセリフ、ふりがな、ローマ字がすべてついているところ。
プラスで各国語での翻訳文もついているんですね。


キャプチャ1.PNG

キャプチャ2.PNG


映像だけではなくて、練習問題やクイズ、ゲームなどもあるので、初学者にも勉強しやすいのではないでしょうか。
posted by AKK文化学院 at 16:05| Comment(0) | 日本語学習

2017年11月17日

【教師ブログ】 2017.11.17 いつもの授業

本日の授業は「た形」とそれを使った文型 「〜たことがあります」の導入と練習である。

thumb_IMG_2041_1024.jpeg

前日の授業で、ベトナム人の学生たちが「ビートルズ」を知らないようなのだが、本当だろうかexclamation&question ちょっと気になったので、 「〜たことがあります」の文型を利用して尋ねてみることにした。


ビートルズのポスターを見せて、「見たことがありますか?」と尋ねてもやっぱり知らない。ビートルズの曲を流して、「聞いたことがありますか?」と尋ねたら、10人近くいるベトナム人の学生の中で、二人だけが、知っていると答えた。


もうビートルズは古いんだ。たらーっ(汗)

というか、とっくに忘れられているところもあるんだ。

世界を風靡したミュージシャンと言っても1960年代。もう授業で「ビートルズ」と言う言葉は使えないのかな。もうやだ〜(悲しい顔)


 では、

ベトナム人も知っていて、日本人も知っているもの、新しい言葉って何だろう???

って考えていたら、

あぁ! あの男の学生のヘヤースタイル!?どんっ(衝撃) 

なんばを歩いていると日本の若者にもあのヘヤースタイルをよく見かける。

僕の世代では「モヒカン刈り」って言ってたけど、今は何て言うのかな。朝の授業前、同僚の先生に尋ねても答えは同じ「モヒカン刈り」。事務職で働いている若い岡田さんに尋ねてみると、「モヒカン」って言ってますよ、とのことだった。

モヒカンって英語から来てるのかな、ひょっとしたらファッションに関係あるからフランス語からかなと考えながら、辞書やインターネットで検索。授業の合間の休み時間に同僚の先生から、「ベトナムでは『うま(馬)︎』って言うそうですよ」と伺う。

あっそうか、日本じゃ鶏のとさかを連想するけど、ベトナムでは馬のたてがみを指しているんだexclamation&question

学生のおかげでこんなおもろい発見をさせてもらってます。


岡 健吾
posted by AKK文化学院 at 13:25| Comment(0) | 日本語教師